ながさき県央
人気の本格味噌づくりコーナーお目見え ファーマーズマーケットきん彩

 諫早市鷲崎町のJAながさき県央ファーマーズマーケット「きん彩」では8月21日から、本格味噌づくりが行える材料をそろえたコーナーがお目見えしました。9月いっぱいまで。

 毎年、この時期に100袋(1袋10㌔入り)以上の大麦が売れ、「安全・安心でおいしい味噌」が出来上がると言うリピーターも。待ちに待ったブースとして、女性客を中心に高い人気があります。

 ブースには、同JA管内産の大豆、国産の大麦(丸麦)、食塩、味噌菌などが並び、分量の目安、味噌づくりのポイントなどを掲示しています。

 初心者などには、大豆を混ぜるだけで簡単に作れる塩きり麹での味噌づくりも薦めている。材料となる塩きり麹は、注文を受け付けています。

 問い合わせは、同JAきん彩(0957-24-2199)まで。

 

写真=きん彩の手づくり味噌コーナー

 

(日本農業新聞 掲載)